クリスタルヒーリングとは

クリスタルヒーリングについて書いています

 

施術をご希望の方はコチラの案内ページをご覧下さい。

670-350WP投稿

◆クリスタルヒーリングとは

・天然石の持つ光と色の周波数を使って行うヒーリングです 。

 

◆代替医療としてのクリスタルヒーリング

・現代において、イギリス、ドイツ、オランダでは、臨床データーを元に、国の保険が適用された、代替医療行為としての位置づけが認められたヒーリングです。

 

◆施術

・身体の上のチャクラに沿って、同じアンテナを持った天然石をおいて行き、弱ったり過剰になったエネルギーを見極め、石を入れ替えながら、源の周波数をバランスする事で、落ち着いた本来の状態に戻し、正しい思考と行動が出来、未来を見いだす力や、明るく前向きに生きる力に導きます。本来の状態とは、生まれ持った資質であったり、性格的な物です。一度で本来のエネルギーを取り戻す気づきを得る人もいれば、繰り返す事で思考パターンを取払い、徐々に変化のプロセスを踏んで行く人も居ます。一度調整を行うと、暫くの間、訂正された周波数が干渉し、思考が動きます。

 

◆導く効果

・心身を癒す
・自然治癒力を増強する
・潜在意識を引き出し、自己実現を行う
・深層心理に気付き、霊的成長を促す
・シンクロニシティーなど、物質次元を超えたエネルギーとのアクセスを増強する
・目的にあった状態に導きます

 

◆こんな方にお勧めです

・周りに振り回されて、自分を保てない
・感情のアップダウンが強く、感情を保つのが難しい
・トラウマがあり、物事が上手く進められない
・神経が休まらない
・緊張がとれない
・ストレスに充ちている
・行き詰まりを感じる(未来が見いだせない)(何をしたら良いかわからない)
・本来の自分が何処にいるのかわからない
・なりたいイメージが有るが、ブロックを感じる

 

wardpress

◆何故そのような効果が期待出来るのでしょう

・これは、周波数と大きく関わる仕組みではないかと考えています。

ドイツで近年確立された医療に、振動医学というものが有ります。バイオレゾナンス・メゾット、というこの医学は、私達が心身の病気にかかった時、患者のどの部位の周波数が乱れているかを調べ、その部位に正常な周波数を干渉させて、正常な状態に戻すという物で、これまでの西洋医学で治らなかった病がこの方法で改善、もしくは、完治するという効果をあげ、世界中の医学会が注目をしています。

バイオレゾナンス・メゾット、などという、科学的な方法を確立出来なかった時代、私達の祖先は、この仕組みと同じ行程を、五感を使い、自然物である天然石にその力を見いだし利用してきたのです。そして、その伝統法を元に、臨床データーをとり、上記の国で確立されたクリスタルヒーリングは、乱れた周波数を見つけ、その部位に正常な周波数に導く天然石の周波数を干渉させ、正常なマインド状態に戻し、心身共に癒し、活力ある状態に導く、正にバイオレゾナンス・メゾットだと言えます。

ただし、科学的で正確な周波数と天然石は異なりますので、その効果を利用する為には、優れた石を見極める目と、スキル、カウンセリング能力、経験が必要と言えるでしょう。

 

◆何故天然石が有効なのか?

実は、私達の物体としての構成元素と、天然石の構成元素は殆どが同じなのです。
同じ元素同士は、共振、共鳴力があります。

物体は、みな、それぞれが個性的な振動数を持っています。
特に常に外部の影響を受けながら日々を送る人間は、乱れる周波数と日夜戦っていると言えるかもしれません。
私達のバランスを保つ為に、重要な役割を持つ”自律神経”は、交感神経と副交感神経をバランスし、ストレスを緩和する為に、1日に5ミリ程度のステロイドホルモンを副腎から排出しています。
そして私達は、自律神経のバランスをとる為に、音楽や身につける服、景色、食べ物、環境などを自然に選ぶ力を備えています。
音楽療法や、カラーセラピー、何れも学問では立証されていませんが、世界中で、その周波数の人を癒す効果は、各機関により立証され、自然のテラピートして活用されています。
この様に、人は身体という物質以外の、目に見えない神経、感情という、私達の心身の健康を司る物をバランスする為に、共鳴力を持つ、周波数が大変有効なのです。

天然石は、先に述べた様に、私達の物体としての元素と同じ元素で出来た、同じ種類の周波数を放ち、私達をその共振力でバランスに導いているのだと考えることが出来ます。

そして、小さくても、私達の100倍〜物によっては1000倍以上の振動数を持つ
天然石は、想像以上にその働きかけは大きいのです。

 

このページでは、クリスタルヒーリングについて書いています。

クリスタルヒーリングを習得したい方は

コチラの案内ページをご覧下さい。

 

※このページが役にたったと思ったら”いいね!“tweetお願いします

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です