パワーストーンの効果を目で見る

天然石の効果を目で見る方法

という事を、多くの人が感じる事から
天然石はパワーストーンと、呼称されるのですが

その効果の理由を目で見る簡単な方法が有ります。

 

670-350WP投稿振動

 

この写真は
スモーキークオーツに氷を乗せた写真です。
氷が溶けているのが見えますね。

この氷が、冷たいこの石に乗せてから溶けるまでにかかる時間は
一瞬です!
あっという間に、氷は溶けてなくなります。

私達は、37度前後の体温を保持していますので
暖かさを持っていますが、この様に、一瞬で氷が溶ける様な現象は起きません。
氷が溶けるまでには少しの時間がかかります。

石が持つ振動数

これが石の持つ振動数です。
目で見ているかぎりでは、石が振動数を持って周波数を放っているのは
確認出来ませんが、こうして見ると
“成る程〜”と納得出来るかもしれません。

私のクラスやワークショップでは、この方法で
皆さんに振動数の強弱を見てもらっていますが、

石が私達に何らかの影響を与えるには
私達よりも大きな力を持たなければ、あまり効果は期待出来ないと言っても
よいかもしれません。

これは、私達が”誰か”から影響を受けるとしたら、
その分野で自分よりも大きなエネルギーを持っているからで、
既に自分の方が大きなエネルギーを持っていたら
影響力は及ばないと考えられるのと一致します。

 

670-350WP投稿振動2

 

ですから、氷の実験で見る様に
明らかに私達より大きな振動数を持つ石は
干渉力が高く影響力があると考えられます。

私達は、ライブなどで興奮してテンションがMAXに上がった状態でも
70Hzくらいの周波数ですが、
写真のスモーキークオーツは、1800Hz前後の周波数を持っていました(H8年鉱物学研究所にて)

周波数は同じ物を引き寄せたり
共鳴したり共振するアイソ原理を持ちますので、
私達の微弱な、石と同じ種類の周波数を引き寄せ、共鳴し共振する事で
エネルギーをあげてくれるのです。

ところで、
写真のスモーキークオーツは1800Hzと書きましたが
石は、それぞれ全く違う周波数を持ちます。
この石は、私の手元にある石の中でも、とても波動の高い物です。

大きいからといって周波数が高いとも限りません。
やはり一般的に効果が高いと言われる石は、周波数が全般的に高い石が多いのが特徴です。

昔から、世界中で愛された石は
やはりどの石も比較的周波数が高い物が多く、人間の感性は凄いなと思います。

スモーキークオーツ、シトリン、タイガーアイ、カルサイト、ラピスラズリ、ルチルクオーツ、水晶
などは、大変、波動の高い物が多いのが特徴です。
ブレスレットなども、氷を乗せると玉の形に氷が溶けて行きますよ

お手持ちの石の周波数の順位を知るのも面白いかもしれません☆

応用編ならば、ブレスレットなどで一度実験してみてから
クラスターに乗せてみて、翌日もう一度実験してみて下さい。
これ又、良いクラスターに寝かせると波動が元気を取り戻したのが分かります。

今日例に挙げたスモーキークオーツは

誰にでも持って頂きたい石の一つなので、今度はその極意を書きますね☆

※天然石によるヒーリングに付いての解説記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です