ピンク色のパワーストーンの効果

ピンクのカラー心理

ピンクというカラーは
実は、女性に 最も好かれるカラーでありながら、拒否感を示す色でもあるのです

ピンクの持つ、柔らかさ、女性らしさ、可愛らしさを、誇示する事に拒否感を持っているとピンクは、

“嫌い”
となりがち

本来、ピンクのオーラを持っていない女性は 居ないのだけれど
嫌い!という奥には
“私は女の子らしくない”とか “可愛くない”とか ”甘く見られたくない”
とか
“愛だの恋だの どーでもいい”とか

様々な感情が、反映されていたりするので
ヒーリングやカウンセリングいおいて、これは、大きなポイントになるのですだからこれまで
ピンクのストーンになんか、絶対に目を向けなかった人が、突然ピンクを選んだとき良かった良かったと、微笑んでしまいます

ピンクのパワーストーン

ハート2

これらは
マダガスカルのローズクオーツです
ピンクと言っても、明度や彩度が様々です
この濃淡でも、多少 エネルギーは変わってきますよ
あえて、パワーストーンと言ったのは、ピンクの天然石には、やはり、
女性のスタートを応援する大きな力が有るからです☆

その根源は
そのままの自分を受け取り愛する気持ちであり
優しい母の様に、自分を導き育む心です

hart3

お気に入りの美容液の横に、ローズクオーツを置いているのは
ジェシカちゃん

知らないうちに
真面目に生きようとすれば する程、自分をジャッジしてるかもしれないです

先ずは自分を愛する事!とか、自らを愛する事が愛に循環を産む!とか
色々なところで言われたり、書いてあって・・・

分かってたって、出来ないよ!って思う人だって一杯居ますね☆

ピンクコモンオパール

これは ピンクコモンオパール、ただただ 女性性にアクセスしてくれるストーンです

ピンクコバルトカルサイと

嘘みたいな ピンクのこの石は
ピンクコバルトカルサイト、天然色です

写真の石は 手の平に余るくらい大きな石ですが
とっても小さな物でも、過去の傷や、幼い頃の 記憶の違いを、今に直してくれる石なのです

幼い頃の 記憶の違いを、今に直してくれる石・・・

の捉え方は、次号メルマガで書きたいと思います
困難な者にとっては、一生のテーマの自分を愛する事という事

ピンクの石達は、そのプロセスを創るエネルギーを、それぞれが持っている

パワーストーン・ピンクです☆

ローズクオーツ

相手に何かを発信して行く時、何時も 側に、ローズクオーツは欠かせない石です☆

何故なら
発信する者自身が、尊厳あるピュアな人である事が

純粋なる発信を生むからです。

※この記事が良かったと思ったら”いいね!”tweetお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です